2010年12月14日

アーロン・ハラングと1年契約

パドレスはシンシナティからFAになっていたアーロン・ハラング投手と1年$3.5M+2012年の相互オプション($5M又は$0.5Mバイアウト)契約を結んだ。2006年と2007年にレッズで16勝を挙げたハラングだが、昨年の成績は腰痛に悩まされたこともあり、登板数は22試合に留まり、6勝7敗、防御率5.32と低迷した。おそらくレイトス、リチャード、ストーファーと共にローテーションの一角を担う。

またハラングはサンディエゴ生まれでSDSU(サンディエゴ州立大)出身。今回の移籍は地元凱旋となる。

トランザクション分析
インパクト・・・☆☆☆★
スマート☆☆☆☆★


故障明けとはいえ安い。クリフ・リーに次ぐスターターがカール・パバーノになってしまう、FA投手マーケット層の薄さを考慮するとかなり安い。お買い得だが、悪く言えば大当たりは望めない補強。

打者有利なグレートアメリカンから投手有利のペトコに居が移るので、フライボーラーのハラングにはかなり有利。ただK/BBが過去4年で低下(4.19-3.06-3.30-2.16)している点が気になる。シーズンを通して健康なら、3点後半から4点前半ぐらいの防御率が期待できるのでは。


posted by つかみ男 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | パドレス-人事異動 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。