2011年01月13日

トレバー・ホフマン引退

MLB史上最多通算となる601セーブの記録を持つトレバー・ホフマン投手が、引退を発表しメジャー18年のキャリアを終えた。現役引退後は、パドレスのフロント職に就くことが決まっている。通算1035登板、防御率2.87、1133奪三振。

1993年にフロリダからデビューしたホフマンはその年の夏、ゲーリー・シェフィールドとリッチ・ロドリゲスの交換トレード相手として、他2選手とともにパドレスに入団。パドレス史上記憶に残る"Fire Sale"、チーム年俸大幅削減のためのトレードだった。100打点を叩き出した若き主砲シェフィールドの交換相手として、ファンから見れば物足りない無名選手だった若きホフマンは、パドレス入団直後に登板した4試合全てで失点。その後の活躍ぶりからすると思いもよらない、苦々しい新天地でのキャリアの始まりだった。

その後のホフマンの活躍は言うに及ばず、2008年シーズンまでの16年に渡り、552セーブをパドレスで挙げる。AC/DCの"Hell's Bells"をバックで入場するシーン、通称"Trevor Time"は後に多くの抑え投手の登板シーンに模倣された。抑え役の地位向上にも一役買ったことは、殿堂入りが確実視されているホフマン以前に通算最多セーブ記録を保持していたリー・スミスが、いまだ殿堂入りを許されていない事からも明らかだ。4度のポストシーズン進出、1998年のワールドシリーズ進出にも貢献。その間8度のオールスター選抜、2度のサイヤング投票2位という名誉も授かった。

90年代半ばぐらいまでは95マイルの速球を誇っていたホフマンだが、彼を稀代のクローザーたらしめた決め球は、落差の大きいチェンジアップ。球速が80マイル後半まで落ちたキャリア晩年も抜群のコントロールを駆使し、三振の山を築いた。

現役生活をパドレスで終えるかと思われていたが、当時の筆頭オーナー、ジョン・モーアスの離婚から事態は変動。財産分与によりチーム年俸は大幅削減、2008年オフの再契約交渉はまともなものとならず、ケビン・タワーズは元々割に合わないオファーをすぐに引っ込め破談に。パドレスとホフマンは1993年の出会いだけでなく、別れでも苦い思いを味わった。

FAとなったホフマンはブリュワーズに移籍し、現役最後の2シーズンを過ごした。2009年はパドレス時代と変わらぬ活躍を見せたものの、2010年シーズン前半には不調に悩まされ、クローザー役を失い、シーズン終了後に再びFAに。ブリュワーズが調停を申し出てホフマンが断るという事前の紳士協定により、他チームとの再契約が成立した際には、補償ドラフトをミルウォーキーにプレゼントするという粋な心遣いを見せた。

2010年オフもクローザー職を探し、かつて自らを放り出したケビン・タワーズ元パドレスGM率いるダイヤモンドバックスを入団先の候補としていた。しかしアリゾナがJ.J.プッツと契約した時点で、その可能性は費えた。奇しくも、ホフマンはKTに二度の引導を渡されたことになる。

セットアッパーとしてキャリアを繋ぐ事は出来ただろうが、今までの実績が築き上げた高い誇りがそれを許さなかった。それはそれで良いと思う。実のところ俺はホフマンよりも、入道ことロッド・ベックが締めた試合を観戦した数が多いが、そんな稀有なパドレスファンにとっても、ホフマンは別格だった。できればパドレスでキャリアを終えて欲しかった。しかし実力を買われたものではない、儀礼目的での一日契約を拒んだのもホフマンらしくてむしろ清々しい。

いちパドレスファンとして、ホフマンについては到底語りつくせないせいか、どうしても力が入りすぎてしまう。夜も遅く考えもまとまらないが、書かない事には気がすまない。引退の喪失感はピーヴィー、エイドリアンが去った時の比ではない。パドレスを離れた時はそう思わなかったことを考えると、いつかサンディエゴに帰ってくるだろうと期待していたのだろう。

個人的な印象としては、ゲーム中でも、クラブハウスでも、文字通りパドレスの守護神だった。サンディエゴのFashion Valleyで、一度だけホフマンに会った。帽子にサインをもらい、握手してもらった。頭ちっちゃいなという第一印象だった。初めてホフマンを観たのは、2001年、ブライアン・ローレンスが先発した試合で、確か同点の場面で出てきた。速球派のイメージを抱いていたため、90マイル足らずのストレートに肩透かしを食らった気分だった。しかし今思えば、高く左足を上げる独特のフォームを見られたことは僥倖だ。

他にはグウィンしか居ない弱いチームで、淡々とゲームを締め続けた。でもたまに勝ったりした。

おそらくそう遠くない将来、ヤンキースのマリアーノ・リベラに通算セーブ記録は抜かれるだろう。でも大した問題じゃない。ホフマンの後を継いだクローザー、ヒース・ベルだって前任者に劣らない成績を挙げている。そのチーム編成は決して間違っていないが、ベルの銅像がペトコパークに建つことはおそらくないだろう。

お世辞にもスター集団とは呼べないチームで長年プレーしていたおかげで、一層輝いて見えた。だからこそはっきり言える。

サンディエゴには、トレバー・ホフマンが居た。パドレスは、トレバー・ホフマンのチームだった。


posted by つかみ男 at 00:53| Comment(4) | TrackBack(0) | パドレス以外のMLB | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

Welcome back, gunslinger.

KTことケビン・タワーズ元パドレスGMがアリゾナダイヤモンドバックスのGMに就任した

2005年オフからGMに就任していたジョシュ・バーンズは成績不振を理由に今季途中に解任され、スカウト人事部門を統括していたジェリー・ディポットがその後の代行を務めていた。奇しくも2005年オフ、KTはパドレスCEOサンディ・アルダーソンの許可を得てDバックスGM職の面接を受けていたが、その座はバーンズに与えられた。その当時のDバックスをパートナーとして所有していたのは、確実性の無いガンマンの様な補強ポリシーを嫌って昨年オフにKTをクビにした現パドレスオーナーのジェフ・ムーラッド。パドレスを追われた後KTは、ヤンキースでブライアン・キャッシュマンのアシスタントを務めていた。

ヘドロ商人こと狡すっからい博徒GMの復活に乾杯です。そういえば前回MLBについて書いたときもKT関連の記事でした。でもパドレスファンからすると同地区でGM復帰してほしくなかった。ライバルに回すとかなり嫌な人物。

KTは火急の補強ポイントとして、リーグ最下位のブルペンとベンチを挙げています。大型FA補強には目もくれないのできっと2月まで決まりません。そしてチープなトレード、もしくは1年出来高契約やタダ同然のマイナーリーグ契約でリリーフ投手を寄せ集め、それなりの結果を残したりするのでしょう。チームの潜在能力からすると、パドレス在任時より遥かに恵まれています。

バーンズの後片付けを上手くこなしていた務めていたディポットGM代行は、KTの説得でアリゾナに残留する見通し。ディポットもまた、ハーレンやエドウィン・ジャクソンを放出して、$40Mを浮かして投手プロスペクトを手に入れるトレードを行使した策士。グレッグ・マダックスの投手コーチ就任も噂されており、来年のDバックスの動きには注目です。

これを機にライトパープルとかターコイズとか使った嫌なユニフォームカラーに復活とかしないかな。

dbacks.gif

バック・ショウォルターがチョイスに加わったとされるその奇怪な色彩センスゆえ、唯一キャップを持っていない球団がアリゾナ。アジア人が被ると8割の確率でビュンヒュン・キムに見えてしまうアリゾナのキャップ。今の赤黒ユニもそこそこ格好良いんだけれど、他チームと混同しそうで。

ところでオマー・ミナヤGM解雇秒読みのメッツは何をしていたんだろうか。
posted by つかみ男 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | パドレス以外のMLB | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

MLB2009 Prediction

福岡のヤフードームで何故かホークス対バファローズの開幕戦を見てきたつかみ男です今晩は。20年ぶりぐらいにジェット風船飛ばしました。

あー、MLB開幕するので毎年恒例の順位予想を挙げておきます。*印付きのチームがワイルドカード。

AL West
1. NY Yankees
2. Boston*
3. Tampa Bay
4. Toronto
5. Baltimore

AL Central
1. Minnesota
2. White Sox
3. Cleveland
4. Detroit
5. Kansas City

AL West
1. Oakland
2. LA Angels
3. Texas
4. Seattle

NL East
1. NY Mets
2. Florida*
3. Philadelphia
4. Atlanta
5. Washington

NL Central
1. Chicago Cubs
2. Milwaukee
3. St. Louis
4. Cincinnati
5. Houston
6. Pittsburgh

NL West
1. Arizona
2. LA Dodgers
3. San Diego
4. Colorado
5. San Francisco

今年は流石にどんなに楽観してもパドレスは90敗しそうなので、コロラドとSFには100敗近くしてもらわないと、この予想は成り立ちません。100敗を免れる要因があるとすれば、ヘッドリーの台頭、ヤングの復活、ストラスバーグ獲得→即契約即メジャー昇格ぐらいですかね。
posted by つかみ男 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | パドレス以外のMLB | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

Closer

パドレスのオフィシャルHPを開くと、自動で流れるヘアストンの13回表勝ち越し2ランHRとベンチのはしゃぎぶりを見ると、いまだに胸が痛くなるつかみ男ですお早うございます。

こんな感じで抑えてくれていれば…。



在米時に流れていたESPNのコマーシャル。懐かしくなったので探してみました。

「みんな番組を良い形で終わらせたい。だから、(選手が)最高の出来でなかった時は、抑えの切り札を呼ぶんだ。普段はプロフェッショナルな仕事をこなすしね。それもゲームの一面さ。」(意訳:つかみ男)

このCMの面白さが成り立つ大きな理由は、野球選手がスポーツキャスターに、という意外な起用の一面だけでなく、キャスターや番組スタッフもまた野球選手らしく振舞っている点。降板させられてベンチ裏で荒れる左側のキャスターも良いが、彼の調子の悪さをバッテリーを組む捕手の様に、こっそり表情でスタッフに伝える右側のキャスターの芝居が秀逸。

この笑いのセンスを用いたCMは日本にないけれど、日本人選手やアナウンサーに置き換えて日本語で見たら、意外に面白くないのかも。
posted by つかみ男 at 10:22| Comment(2) | TrackBack(0) | パドレス以外のMLB | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

若手三塁手ライバル比較

アンディ・マーテ .179
アレックス・ゴードン .168
エドウィン・エンカーナシオン 3Å

ケビン・クーズマノフ .137

苦しんでいるのはクーズだけではないぞというUTの記事より。
posted by つかみ男 at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | パドレス以外のMLB | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

2007 MLB Prediction

目標体重:??kg
目標までの残り:kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:??kg
体脂肪率:21.4%
BMI:ERROR: NOT PERMITED METHOD: bmi
二回目測定
体重:??kg
体脂肪率:21.3%
BMI:ERROR: NOT PERMITED METHOD: bmi
食事
朝食
トースト、ソーセージ、ザワークラウト
昼食
ソースカツ丼
夕食
おから、こんぶ、がんもとたけのこの煮物
おやつ
チョコとグミ。アルコール:ビール2本
AL East

1. New York
2. Boston
3. Toronto
4. Baltimore
5. Tampa Bay

AL Central

1. Cleveland
2. Minnesota
3. Detroit
4. Chicago WS
5. Kansas City

AL West

1. Oakland
2. Texas *
3. LA Angels
4. Seattle

NL East

1. Philadelphia
2. NY Mets *
3. Atlanta
4. Florida
5. Washington

NL Central

1. St. Louis
2. Milwaukee
3. Houston
4. Chicago Cubs
5. Cincinnati
6. Pittsburgh

NL West

1. San Diego
2. Arizona
3. LA Dodgers
4. San Francisco
5. Colorado

* Wild Card

World Series
Texas beats San Diego

1996年のヤンキース、2001年のアリゾナ、そして2007年のテキサス。バック・ショウォルターが監督辞任した翌年のチームはワールドチャンピオンになります。こればっかりは避けられません。
posted by つかみ男 at 22:13| 普通普通| Comment(1) | TrackBack(0) | パドレス以外のMLB | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

ソーサのおかげで影薄いけど

目標体重:??kg
目標までの残り:kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:??kg
体脂肪率:19.8%
BMI:ERROR: NOT PERMITED METHOD: bmi
二回目測定
体重:??kg
体脂肪率:20.0%
BMI:ERROR: NOT PERMITED METHOD: bmi
食事
朝食
ベーコンとキャベツのサンド、豚汁
昼食
坦々麺、棒餃子3つ、ライス少々
夕食
ゆば麺、焼き鳥少々、卵スープ
おやつ
ベイクドチーズケーキ一片。 アルコール:チョコレートスタウト1本。 運動:自転車15キロ、ダンベルフライ&ロー、ショルダー等3セット
同い年のホアン・ゴンザレスが復帰を目指しているというのは凄いが、それ以上に昨年独立リーグでプレーしていたというのも驚き。でもネビンよりも先に仕事を見つけるとは考えづらいなぁ。

もっとも、それ以上に驚いたのはマリナーズが結んだジム・パークのマイナー契約ですが。三年間故障で野球していない投手をいったいどうしろと。
posted by つかみ男 at 00:21| 普通普通| Comment(0) | TrackBack(0) | パドレス以外のMLB | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

時事ネタ

ウチみたいな偏屈MLBサイトだって、この話題に飛びつかないことはないです。いやぁ、ついに契約しましたね。ドラフト1位でプロ入りしても未知の国での野球には不安もあるかもしれませんが、ここはひとつ球界を代表する活躍をしてほしいものです。

新天地でがんばってください、ブライアン・ブキャナン
posted by つかみ男 at 02:17| Comment(3) | TrackBack(0) | パドレス以外のMLB | 更新情報をチェックする

時事ネタ2

ウチみたいな偏屈MLBサイトだって、この投手のニュースに飛びつかない手はないです。いやぁ、ついに契約しましたね。未知の国でのピッチングには不安もあるかもしれませんが、ここはひとつ球界を代表する活躍をしてほしいものです。

新天地でがんばってください、ブライアン・スウィーニー
posted by つかみ男 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | パドレス以外のMLB | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

エンジェルス、ゲイリー・マシューズ・Jr.と5年$50Mで契約

生涯 .249/.324/.397 のパドレス元控え外野手がまぐれの1シーズンを打者有利のアメリクエストで送っただけでこの金額とは。同じ中堅手でもパドレスが行使したキャメロンのオプション$7Mがすごくお安く見えます。
posted by つかみ男 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | パドレス以外のMLB | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

パドレスは落札できず

D-Mats騒動の裏で、タンパベイ・デビルレイズが岩村明憲との交渉権を$4.5Mで落札したというあるソースからの情報を、ESPNのフライングじじいことピーター・ギャモンズがリポート。なんで日本語のニュースに乗るまで半日も掛かったのだろう。

森慎二に続いてこっそり2年連続日本人選手との交渉権を落札している意外なタンパベイですが、入札が見込まれていた他球団と比べても、やはりタンパベイが三塁手を一番必要としている球団。やっぱりパドレスはクーズマノフ獲得で入札額を下げたか?

この報道が事実ならパドレスはポスティング代も浮かせたままなので、余計に$30Mの使い道に変な期待が掛かります。ジートか、まさかのソリアーノなのか?
posted by つかみ男 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | パドレス以外のMLB | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

ブライアン・ローレンス解雇

ナショナルズはa href="http://sports.espn.go.com/mlb/news/story?id=2611890" target="_blank">元パドレスのブライアン・ローレンス、<ペドロ・アスタシオら6投手を解雇した。カスティーヤとの交換トレードでナショナルズに放出された時には、毎年200イニング以上投げられるイニングイーターとロートル三塁手の交換なんて、と軽い眩暈を覚えた。

予想通り活躍しなかったが前半戦出場し続けたカスティーヤとは対照的に、パドレス時代には故障知らずだったローレンスは肩と肘の手術で1球も投げぬまま複数年契約最終年を終え、バイアウト$0.5Mを得ることに。

元来パワーピッチャーではないが、肩と肘両方故障という事態がパドレス暗黒時代のエース格に「戻っておいで」とは簡単に言わせてくれない。とはいえ日本球団が払えそうな金額では契約できそうもない。でも気が付いたらパイレーツかロイヤルズ辺りのドアマット球団に居そう。

数年前ならそのドアマット球団にパドレスも含まれていたなと振り返ると感慨深い。
posted by つかみ男 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | パドレス以外のMLB | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

ジェイミー・モイヤー放出

久しぶりにMLBの話をするかと思ったらパドレスでなくマリナーズの話で恐縮ですが、自分にとって初のMLB観戦となった1998年9月のSEA対OAK戦@キングドームのシアトル先発が当時すでにおっさんだったモイヤーで、かつ自分がシアトルに住んでいた頃からいる最後のマリナーだったので、感傷に浸っております。

ちなみにその試合のオークランドの投手は奇しくもスイカことジェイ・ウィタシックで、リードオフはリッキー・ヘンダーソン。ううむ。
posted by つかみ男 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | パドレス以外のMLB | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

アクセス数アップ中

WBCの波及効果がこんなところにも。パドレスから遠ざかり更新が滞っているにも拘らずいらはいいらはい。

今日の大塚の登板時にはホフマンの入場曲、AC/DCの"Hell's Bells"がペトコパークに流れていました。大塚はご丁寧にもこの曲を決勝戦の登板時に使う許可を得るため、ホフマンに事前に電話したそうです

勝因は良く投げて良く打ったからじゃないですかね。こんな少ない試合数を母数にして勝因を語れば語るほど胡散臭さが増すってなもんですが、出場国中打率1位、長打率3位、出塁率とOPS2位、投手陣もWHIP1位という数字から観ると、スポーツメディア偏愛の「スモールボール」とか「柔良く剛を制す」といったお題目どおりではなさそう。それでも強いて小技を挙げるなら15回中13回も成功させた盗塁の巧さか。HR Park Factorが66(メジャー平均を100とした場合)なんて球場なので各チームのゴロ/フライ比率とか知りたいところ。

あとあれだけバットをボールに当てる技術に長けた選手を一番で使うべきじゃない事に気が付いたのは正解。
posted by つかみ男 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(1) | パドレス以外のMLB | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

WBCで一番驚いたこと

9回に大塚が登板した際、昨年まで在籍したパドレスの試合時と同様にMetallicaの"Whenever I May Roam"がぺトコパークのPAから流れてきたという粋な計らい。

例の誤審に関しては、MLBのPR色満載とはいえナショナルチームの競技会で当事国出身者が球審をしている事自体が間違い。
posted by つかみ男 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | パドレス以外のMLB | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

ブライアン・ローレンス右肩関節唇裂傷全治5ヶ月

パドレス時代は30先発200イニングは堅かった『無事是名馬』といったイニングイーターだったローレンスが、パドレスにとって割に合わないカスティーヤとのトレードでナショナルズに飛ばしたら故障。KTもビックリしてますが、こういうことがあるとあのトレードが良かったものと捉えられそうなので困ります。
posted by つかみ男 at 23:17| Comment(2) | TrackBack(1) | パドレス以外のMLB | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

兄貴 for Sale, again.

3Aで打ちまくっていたエイドリアン・ゴンザレスの昇格により、初めから限られていた出番が更に減少するため、レンジャースは8月31日までのウェイバー経由トレードによるネビンの放出を目論んでいるそうです

大概の貰いすぎな選手は今年で契約が切れてしまいますし、ポンソンやソーサがいるボルティモアへのトレードがダメ、グリフィーは試合に出ているとなると、交換相手はそれこそ松井稼頭央+石井ぐらいしか思い浮かびません。金額的にも釣り合いが取れてそうですし。
posted by つかみ男 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | パドレス以外のMLB | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

リッキー・ヘンダーソン、サンディエゴ入団

でもこれは独立リーグのおはなし。

46歳になった世界の俺節盗塁王は、昨年創設された1Aクラスの独立リーグ、ゴールデン・ベースボール・リーグ所属のサンディエゴ・サーフドーグスと1年契約を結んだ。サラリーは月給3000ドル。かつてパドレスでプレーし、サーフドーグス監督を務めるテリー・ケネディはヘンダーソンの入団について、「ただ野球をしたいだけなんだと思う。おそらくリッキーはホームランを打って得点して給料を貰いながら、年金と社会保障を貰う最初の人間になりたいんじゃないかな」とコメント。

リッキーはアリゾナのキャンプに参加した後、5月26日にSDSU内のトニー・グウィン・スタジアムで行なわれる試合への出場が見込まれる。生きる伝説、史上最高のリードオフマンが見られる最後のチャンスかもしれないのでサンディエゴ住人とケチな事は言わず南カリフォルニア住人は迷わずゴー。
posted by つかみ男 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | パドレス以外のMLB | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。